<< ヴォイストレーニング/発声・発音練習/3大ポイント No.2 | main | ユーミンさんの曲が、ナゼか歌いやすいんです。 >>

ヴォイストレーニング/発声・発音練習の3大ポイント No.1

〜 テープレコーダーで聴く自分の声はナンか「変」 〜

naturalecho echo underflore 〜 響き 〜
ECHO(コダマ)              反射          下からの音

 〜 松下電器音響研究所 編 「音の百科」ほかの資料によれば 〜
音の伝わる空気中で 摂氏20度のとき 343m/秒そして、水中ではおおむね 約1500m/秒、とのことです。固体については その材質により いろいろな数値があり、一般に 固体・液体・気体 の順に速く、気体中では温度に比例して速くなるということです。
○ また、音の強さ(音圧)は音源から離れるほど小さくなります。 反射の無い場所では音源からの距離が二倍になれば 音の強さは4分の1、というふうに 距離の二乗に比例して小さくなるとのこと。 そして、下からの物音や会話は上にいる人にはよく聞こえるのですが、下にいる人には上の方での会話や物音は聞き取りにくい。つまり、音は上の方に舞い上がっていという性質もあります。音は、そのほか多くの複雑な科学的特質を持っています。

studium 古代の劇場  operahouse01 operahouse02 オペラハウス
 〜 音は上に舞い上がる;昔の劇場の音響設計には すばらしいものがあります

○ 大まかに言うと、自分に聞こえる自分の声が滑らかに聞こえるのは、喉で鳴った声は、骨や筋肉・体液などの中で伝播速度の速いところを最短で通過して聴覚器官に届く音、の後から、ほんの僅差で遅れた音々が続いてやってくる、最後には一旦本人の身体の外に出て空気中から鼓膜を通して戻ってくる音まで含めて、まるでカラオケなどの器械でエコーや共鳴などの音響処理をしたかのように滑らかに聞こえる、という状態で聞こえるのです。 テープ・レコーダーに入っている友達の声には不思議を感じません。それは、お互いが空気中を飛んできた音を鼓膜を通して聴いているからにほかなりません。

あなたの好きなあなたの声はあなただけのもの イヤでも、ほかの人が聞いているあなたの声は「テープ・レコーダー」で聴く通りなのです。その声をコントロールできるように訓練するのが 「歌う基礎作り」 です。体験レッスンではそこを大事にしています。


★ 歌と声の教室 : オープンハウス ヴォイス&ヴォーカル スクール in 吉祥寺
一人ひとりに合わせたカリキュラムでスキルアップしていきます = 吉祥寺駅徒歩約3分
 
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile

categories
selected entries
links
archives
search this site.
others
mobile
qrcode