<< 歌がうまくなるカラオケの活用方法 ,,,,,, No.18 | main | 2010/05/08  荻窪 ROOSTER 本店 LIVE >>

マイク と シンガー の お話し 〜 喉をつぶす / 低音で歌う

 Frank Sinatra.jpg 近代POP唱法のパイオニア Mr. Frank Sinatra

第二次世界大戦直前から サウンド・システム(マイクやヴォーカルアンプ = PAシステム) にキチッと注目して使い切ったひと。 それまでは 声量のある、あるいは朗々とした甘い歌声が主流だった世界の芸能界に現れた 超スーパースター。 大音量のビッグ・バンドやフル・オーケストラをバックにしても どんなに広い演奏会場でも 聴衆に情感を伝えられる歌い方。 マイクを活用して、あるときは恋人の耳元でささやいているように歌い、またあるときは大勢の人間に大切な心情を大声で吐露する、といったような実にエモーショナルな歌い方を確立した ザ・パイオニア だと思います。 彼の資料も多く、興味をもたれた方は調べてみてください。


以下も、私観ですが


Billie Holiday.jpg  Elvis Presley.jpg

Mr. に影響を与えたと思われる Billie Holiday と Mr. の後継者 Elvis Presley

Little Richard.jpg  Paul McCartney.jpg

マイクからはなれて歌うときには実にきれいなファルセット・ヴォイスを聴かせ、歌にパンチを利かせるときにはマイクにかぶりついて声を歪ませてシャウトする、というマイクロフォン・ディストーション唱法(?) の開祖なのでは 、、、 
と私が思っている Little Richard と かの ザ・ビートルズの Paul McCartney

かすれたような声で歌ったり、がなり声に聞こえたりするような歌い方も 実は案外 自分なりに素直に歌っているとできていたりします。 まずは自分なりの声でちゃんと歌えた上で 息の使い方や喉の使い方、 そしてマイクやエフェクターの使い方を考える。 楽器としてのカラダを 大事に調整してみる。 というところから トレーニングを始めるのが理にかなっているように思います。

みなさんマイクと口元との距離だけではなく 声を送り込む角度や モニター・セットや会場に響いている自分の声やその周りのサウンドとのバランスを聴きとりながら 絶妙に 歌をコントロールしています。    名前 & ナンバーを CLICK


cata01.jpg No.1 cats02.jpg No.2

集音機器も発達して舞台や映画は器械類と技術者達との連携プレイ
/ 総合芸術


toOPページ教室案内 ヴォイス&ヴォーカルトレーニング教室体験レッスン to 公式Hページ
  目黒区目黒三丁目にあるヴォイス&ヴォーカルトレーニングの教室。 発声基礎から実践まで 一人ひとりに合わせたヴォイス&ヴォーカルトレーニングを大切に、話し方やスピーチのレッスンも。渋谷・新宿・世田谷・品川・港区〜至便
渋谷・新宿・世田谷〜電車JR&地下鉄目黒駅/ヴォイス&ヴォーカルトレーニング教室体験レッスン随時予約受付中

  渋谷・目黒駅バス便多/大鳥神社前スグ(渋谷20分目黒5分)
渋谷駅東口・渋谷駅西口〜恵比寿・中目黒経由
☆ 出張レッスン など委細応相談(バンド・コーラス e,t,c)/
目黒・新宿・渋谷・世田谷・品川・港区"東京"外もOK 

ボイス&ボーカルトレーニング 45分のスクール体験レッスン ¥1,000 - (複数での体験レッスン 応相談)
ボイス&ボーカルトレーニングと話し方ライト30コース ¥3,000-/30分 -  以下、詳細は (clickhere
発音や歌がうまくなるボイス&ボーカルトレーニング 30分×4回コース ¥10,000 - (一曲完結応相談)
ボイストレーニング体験レッスン他教室へのお問い合わせは Tel.03-5721-0267 or HPmail!
目黒教室/ボーカル&ボイストレーニングの教室/渋谷世田谷至近の教室/個人体験レッスン随時受付中/渋谷世田谷

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile

categories
selected entries
links
archives
search this site.
others
mobile
qrcode