<< 今朝は久々に Harmonica の調整 | main | Vocal コースの レッスンガイド >>

Voice コースの レッスンガイド


orange winter


ヴォイストレーニングの3要素

※ 具体的に 「イメージ」 を持つ ← センス(感性)
● 基礎練習であっても 常に人前で喋っている 緊張感で !♪
● 目の幅以上に拡がった 明るい声 で練習開始 = 120 パーセント・パワー !!!!!!♪
(補) チーム練習では「和 」を大切にしながらも 何より 自分自身の向上を!♪

腹式呼吸
機背中
供Д丱薀鵐
掘Д魯潺鵐亜Δ弔爐

滑舌トレーニング
機Д皀縫拭
供Ю爾亮鑪爐畔儔宗並遣い)
掘母音(C. M. W)

サウンド・アクション
機Call & Response(呼びかけと反応)
供調和
掘Ц調よりも伝えたいことを明確に・大切に

※ 以上のキーワードに繫がることを 繰り返し練習していきます。


3要素の補足

NO.1 腹式呼吸の元気な声 ← ヴォイス
    基礎呼吸 (身体の構造と呼吸のしくみ)
    姿勢と息のスピードとの確認 (声帯は左右に分かれている)
ファルセット & ソフト・ヴォイス から シャウトへ (発声のしくみ)

NO.2 相手が聴き取りやすいようにハッキリ話す ← 滑舌
声は 360度 に展開
自分の声を 身体の外から 客観的に聴く = モニター勘)

NO.3 コミニケーション
声を聴く人にわたす
自分が感じるよりも大げさに


練習のコツ
    まず良い声を立ち上げ、大事な箇所を短い間隔で録音再生しながら確認していく
    練習中は 身体の構造をうまく利用して 発声を調整し続ける
    高い声は ボトム に意識し、低い声は 頭の上に拡げて残す
    一音ごとの 母音と身体全体での息の形とスピード を意識する
(例:アイウエオ と歌う = ハ行 ヒャ行 ピャ行 キャ行 のように開いた母音を意識)
    和音に応じた音色で発声する = ただ真面目だと 暗い表現になりがち
(例:音程・滑舌は 息遣いが鈍くなると 不安定・不明瞭になってしまう)

鼻づまりのヒトのために
声を温めるときにとき。  立ってでも座ってでもかまいませんから 尻・背中・後頭部を壁にくっつけるようにして、軽いハミングからだんだんと声を出し始めてみてください。
声帯は気道全体にかかっていますから 声は 360度に拡がって出てきています。 声帯の前の部分だけを使いすぎないように気をつけて、へそ下 10センチくらいのポイントから発声しているつもりで、頭蓋内でハミングの声が当たっているところを通過点として「ツムジ」から声が飛び出していく、 そんな感じを持ってみるのはどうでしょうか。
お坊さんがお経をあげる時には天井に向かって発声するとか聞きました。
慣れてきたら、へそ下から送り出す(つもりの)声の幅を だんだんと拡げてみてください。 鼻水やタンがよく出ると思いますが、それを吐き出しながら 気楽にやっていくと、 ひょっとして、歌うのがラクになるかも。
実は、この角度でシャープに発声すると 頭蓋の中で声が反射して 鼻づまりでモワーとしているあたりの空間がスピーカーになって 声がカラダの外に飛び出していく仕組みになっているようです。


声と歌の Open House Voice & Vocal School in 吉祥寺 お問い合わせフォーム
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
profile

categories
selected entries
links
archives
search this site.
others
mobile
qrcode